スポーツと趣味を極める方法

スポーツと趣味を極めるために役立つ優良情報を厳選してご紹介

ヘッダー画像

シングルゴルファーの方向性安定プログラムの口コミ・効果・評価・評判

   

あなたも私と同じように、OBや林にボールを打つのは嫌でしょう。
でも現実として、多くのゴルファーはいつも「ショットが安定しない」と悩んでいます。
・ティーショットが安定せず、OBや林にボールが入る・セカンドショットが左右に散らばり、池やバンカーにボールが入る・ショットが安定しないから、スコアがまとまらないといった悩みを抱えています。
しかし、私はアメリカで新しいゴルフ理論を見つけました。
それは、ほとんどのゴルファーが知らない「全てのショットで狙った場所にボールを打つ」という新しいゴルフ理論です。
これから5分間でその方法を紹介します。
2つのタイプのゴルファーゴルファーには2種類あります。
1つは「ひたすら飛距離を求める」ゴルファー。
もう1つは「狙った場所にボールを打つ」ゴルファーです。
「ゴルフは飛距離がある方が有利」と考え、スイングはいつも全力のフルスイング。
満足できるだけ飛ぶこともあれば、ボールが左右に散らばり連続OBも多いのが「ひたすら飛距離を求める」ゴルファーです。
彼らは飛距離を求めるスイングをしているため、いつまでもスイングが安定しません。
ティーショットがラフに入るのはまだ良い方で、「OBや林に入ったらどうしよう」といつも不安を感じています。
ティーショットだけでなく、セカンドショットも安定しないので、パーオンはめったにありません。
苦労するのはラウンド時だけではありません。
「明日、大叩きをしたらどうしよう」とラウンド前日は不安で眠れなくなります。
「大勢のギャラリーが見ている前で、連続OBが止まらなくなったらどうしよう」といつも恐怖と戦っています。
このように、常に不安を感じているのが、「ひたすら飛距離を求める」ゴルファーです。
「狙った場所にボールを打つ」ゴルファーとは?もう1つのタイプが「狙った場所にボールを打つ」ゴルファーです。
こちらのタイプのゴルファーは、ティーショットで緊張もしませんし、セカンドショットが池やバンカーに入る心配もありません。
ウッドもアイアンも狙った場所にボールを打てるからです。
ラウンド前日に不安を感じることもありません。
彼らは、ラウンド前日の夜は熟睡し、ラウンドの朝は「ああ、今日もゴルフが楽しめる」と、充実した気持ちでベッドから出ます。
他のゴルファーが不安に感じる狭いホールでも、「このホールは左右がOBだけど、距離が短いからバーディーが狙えるな」と、強気のゴルフが出来ます。
セカンドショットはいつも平坦な場所から打てますし、アイアンの方向性も良いので、あっさりとパーオンします。
つまり、「ゴルフに不安を感じることがなく、いつもフェアーウェイを歩き、パーオンの数が多い」のが、この「狙った場所にボールを打つ」タイプのゴルファーなのです。
最大飛距離では負けるけど、平均飛距離で勝つ「狙った場所にボールを打つ」ゴルファーは、飛距離よりも安定性を優先します。
そのため、最大飛距離は「ひたすら飛距離を求める」ゴルファーに負けることもあります。
ですが、フェアーウェイにボールを打つ回数が圧倒的に多いので、ランが出て平均飛距離では負けません。
最大飛距離を少し落とす代わりに、方向性を安定させて、平均飛距離をアップするのが、「狙った場所にボールを打つ」タイプのゴルファーなのです。
セカンドショットが圧倒的に有利「狙った場所にボールを打つゴルファー」は、フェアーウェイをとらえる回数が多くなります。
OB、林、池、バンカーにボールを入れないのは当然として、左右のラフや斜面にボールが止まることも少なくなります。
フェアーウェイにあるボールは、ラフのように芝に沈んでいません。
絨毯のような芝の上に、ボールが適度に浮いているので、ナイスショットを打ちやすくなります。
「狙った場所にボールを打つゴルファー」は、平坦で有利なライからセカンドショットを打てるのです。

 

 - スポーツと趣味