スポーツと趣味を極める方法

スポーツと趣味を極めるために役立つ優良情報を厳選してご紹介

ヘッダー画像

新井流フルスイングテニス塾の口コミ・効果・評価・評判

   

もしかしてあなたは、ボレーについてこのような悩みを持っていませんか?ボレーのスイングがよく分からないボレーが決まらないスピードのあるボレーが打てないもしあなたがこのようなことで悩んでいるのなら、私はあなたの悩みを解消することができるかもしれません。
悩みを解消するどころか、「コートのどこからでも、どんな態勢でも打てるボレーが身に付き」「今までよりも格段にスピードのあるボレーが打てるようになり」「フェデラーのように、シュパッと低弾道で滑っていく決定力のあるボレー」こんなボレーを打てるようにすることができるかもしれません。
そうです!今回はあなたにスピードがあり決定力のあるボレーを身につけてもらいたいと思います。
そして、今回、このスピードと決定力のあるボレーを教えていただくコーチが新井 湯太加(あらい ゆたか)氏です。
新井氏は、先日惜しまれつつ引退した世界的プレーヤー杉山愛さんが認める認定コーチの一人として、名を連ねている方です。
昭和56年2月 アメリカテニス留学。
フレッド・アール(カナダナショナルコーチ)、ジェームズ・E・レアー(スポーツ心理学の第一人者)、デニス・バン・ダ・ミーア(テニスコーチの草分け)に学ぶ。
帰国後以後、平成元年4月まで一般テニススクールの傍ら、ジュニア育成にも携わる。
平成元年 株式会社ワコールとコーチ契約。
自らスカウトした選手とテニス日本リーグと海外遠征を中心にテニス活動をする。
日本ランキングトップ10以内の選手2名、20位以内3名、30位以内3名、50位以内3名を指導。
テニス日本リーグの戦績、15回の参加で優勝6回、準優勝4回、3位5回、4位以下の成績はなし。
平成16年3月 株式会社ワコールと契約終了 平成16年7月 パーム・インターナショナル・テニス・アカデミー支配人として現在までアカデミー運営に携わる。
(杉山愛選手他所属) その他 杉山愛が15歳~17歳までのプライベートコーチとして、グランドスラム大会の一般とジュニアを経験。
15歳の時、日本人初の世界ジュニアランキング (ITF)1位に(5月)17歳のプロ転向の際は、記者会見はコーチとして参加。
16歳で全日本室内一般の部で優勝・以後数年はパートタイムコーチとしてツアーに同行。
杉山愛のコーチとしての最後は1996年(21歳)ウインブルドン選手権、成績はベスト16。
フルタイムのツアーコーチとして15年以上は日本トップクラス。
海外遠征は100回以上 平成19年 日本テニス協会国際委員会委員平成19年4月 バンコクにあるMTTバンコクに所属一般プレイヤーの育成及び、ジュニア育成に携わる杉山愛さんに教えたコーチという肩書きを持つ方はなぜか案外多いのですが、杉山さんから直接認定されているコーチとされているのは世界でたった5人だけです。
5人のうち一人は杉山選手のお母様なので、肉親を除いたコーチはたった4人です。
しかし、新井コーチのすごいところは、杉山愛さんの認定コーチだということだけではありません。
本当にすごいのは、実際にプロの選手を育てた経験を持ちながらもそのノウハウを一般スクールにも落とし込んでいる数少ないコーチだということです。
通常、日本のトップ選手を指導したようなコーチは普通の民間テニススクールには存在しません。
ましてや、毎週一般の初中級クラスを受け持つということはまずありえません。
あなたの周りのスクールにはいらっしゃいますか?世界のトッププロを指導した経験があり、今もなお将来有望なジュニア選手を育成しながら、毎週社会人アマチュアプレイヤーに同じ内容の指導をしてくれる現役バリバリのコーチが?おそらく、99.9%いないでしょう。
新井コーチのように世界トップの技術を知りながら、それをきちんと噛み砕いて、一般のアマチュアプレイヤーにも分かるように教えてくれる貴重な存在は日本中探してもほとんどいません。
そして、その新井コーチのユニークの練習法というのが・・・日本ではどのクラブでもフォームから教えるのが一般的です。
ですが、新井コーチの場合はいつもゴールから逆算して練習方法を考えるので、フォームや形にあまり囚われていません。
どういうことかというと、決まったフォームや形に囚われるのではなく、「今勝つために必要な技術」や「得たい結果」から逆算して、現在やるべき練習法を決めていくのです。
こう言っても分かりにくいと思うので、「逆算」とか「ゴールから考える」というを例にしてみました・・。
例えば誰でも、「トスを変なところに上げてしまったらやり直してください」と言われると思います。
ですが、新井コーチの考えですと、「フェデラーやナダルでさえ、同じところには2度と上げられない」「必ずちょっとズレてしまう」「だったら、トスがズレてもいいように、どんなところにトスが上がっても打てたほうがいい。
」となるわけです。
トスを上げる練習を何度練習しても、パーフェクトなトスはできるようにならない。
それなら、どんなトスでも、腕の振り方や、回転のかけ方を微調整して相手コートに打ち込む練習をすることの方がよほど大切だ、というわけです。

 

 - スポーツと趣味