スポーツと趣味を極める方法

スポーツと趣味を極めるために役立つ優良情報を厳選してご紹介

ヘッダー画像

SPEED SPORTS STRETCH DVD(スピードスポーツストレッチ)|スポーツストレッチのパイオニア、「兼子ただし」が公開する10分で体を柔らかくする、痛くない即効ストレッチの口コミ・効果・評価・評判

   

$f(“ba_01”, “http://reralstyle.xtwo.jp/script/flowplayer-3.2.5.swf”,{clip: { autoPlay: false, /* 初期画像設定時はautoplayをonにする */ autoBuffering: true, /* 自動バッファoff(事前の動画データDL可否) */}}) ストレッチや柔軟体操と聞いて、あなたは何をイメージしますか?「イッターイ!!」「ちょっと、もうムリムリムリ~!」と言いながら、我慢して、足や腕の筋肉を伸ばすことでしょうか?このような方法も、悪くは無いと思いますが、正直に言います。
もう、そんなストレッチのやり方は、時代遅れです。
実は、痛いのを我慢する必要なく、あなたの体を、何倍にも柔らかくする方法があります。
たとえ、あなたがどれだけ硬くても、大丈夫です。
60秒、あることに取り組めば、あなたは立ったまま床に手をつけられます。
さらに、あなたが、既に柔らかかったとしても、あなたは今よりも、もっと柔らかくなれます。
論より証拠です。
まずは、今回のストレッチメソッドを実践した方たちの実績をご覧ください。
【兼子ただし プロフィール】業界では希少なスポーツストレッチ専門トレーナーで、ストレッチ専門店”スリーエス”を7店舗経営する事業家でもあり、現役キックボクサーでもある。
”事業家キックボクサー”その他ランニングやスポーツサイクルなども取り組んでいる。
機能的なカラダは=美しいボディラインという概念を持ち、その内容を著書にまとめている⇒『やわらかBODY=メリハリBODY』を、モダン出版から全国出版。
趣味であったキックボクシングでプロライセンスを取得し、独自で学んだスポーツストレッチをベースに、プロ・アマチュアスポーツ選手、プロダンサー、芸能人、モデル、一般の方(スポーツをまったくしない人)まで様々なレベルのクライアントを指導している。
脚が細くなり、ラクに走れる”伸びランニング”のセミナーも行っている。
その他、小学校で姿勢教育、国士舘大学大学院との共同研究も行っている。
ストレッチトレーナー養成人数は約300人、ストレッチ専門店スリーエスの年間来店数約4万人を超える。
【TV出演】2010/9/2 日本テレビ「ぐるナイ」 に出演2010/6/24~8/4 「ショップチャンネル 」 に出演2010/03/29 フジテレビ「おこりびと2」 に出演2010/01/10 TBS「テイクミーアウト」 に出演2009/07/14 フジテレビ「めざましテレビ 」の「ここ調 」コーナーに出演2009/1/11 フジテレビ「バニラ気分」 杉本彩さん お勧めストレッチで出演2006/6/15~2009/3/19 北海道放送「ユメイロ」 ストレッチコーナーレギュラー出演【雑誌】ダンスビュウ 2008 8月~「読むエクササイズ」コラム連載ViVi 2010/5月号「美脚ストレッチ」1P掲載 兼子監修BODY+Plus 2010年1月号「ストレッチラン&ウォーキング」6P掲載 兼子監修Marisol 2009年10月号「姿勢矯正ストレッチ」特集」6P掲載 兼子監修ソトコト 2009年10月号「体を育てること」 2P掲載あなたもこのように悩んでいませんか?実は、そのように悩んでいるのは、あなただけではありません。
私は、これまで、体の硬さに悩む、数え切れないほどの人達に、ストレッチを指導して来ました。
みなさん、あなたと同じ悩みを抱えていらっしゃいました。
そして、何を隠そう、私自身、生まれつき体が柔らかかったわけではありません。
だからこそ、私はあなたの悩みを、まるで、自分のことのように感じることができます。
私は、16年前から、39歳の現在まで、ずっとキックボクシングを続けています。
あまり、ご存じ無いかもしれませんが、キックボクシングって、柔軟性がとても大切なのです。
たとえば、キックボクシングの基本的なテクニックに、ハイキックという蹴り技があります。
あなたも、テレビで何度も見たことがあると思いますが、あのよく見かける技ですら、キックボクシングを始めたころの私には、とてもキツイものでした。
足が思ったように上がらないんですね…。
でも、何とか上達したくて、顔を真っ赤にしながら、無茶な柔軟に取り組んだこともありました。
でも、どれだけ頑張っても、思うように柔らかくならない。
さらに、無理をし過ぎて、腱や関節を痛めてしまう…。
生まれつき体が柔らかい人のことを、私はとてもうらやましく思いました。
何もしなくても、人よりも高く足が上がってしまう、彼らを、とてもうらやましく思いました。
そういった経験を乗り越え、もう、16年もキックボクシングをしているわけですが、当然、今の私は、普通の人よりも、かなり柔らかい体をもっています。
でも、その理由は、無茶なストレッチを繰り返したからではありません。
結論から言います。
あなたが思っているようなムリをしなくても、柔軟性はもっと簡単に身に付けることができます。
これは、私が、39歳という年齢で、現役のプロキックボクサーでいられる理由でもあるのですが、毎日たくさん痛い思いをしなければ、柔軟な体が作れない、といったことはありません。

 

 - スポーツと趣味