スポーツと趣味を極める方法

スポーツと趣味を極めるために役立つ優良情報を厳選してご紹介

ヘッダー画像

わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾 ~子供のドリブルスキルを楽しみながら上達させる方法~の口コミ・効果・評価・評判

      2015/10/01

&nbsp「もう、心配いりません。
」このドリブル上達法があれば、あなたのお子様が身体能力に自信が無くても体が小さくても足が速くなくても小学校低学年でも今よりも、試合で活躍させる事が出来ます。
お子さんが取り組むべきトレーニングはたった5つ。
この5つに取り組めば、本来、お子さんが持っている個性をグングン伸ばし、他の子には無い天才的なドリブルテクニックを身に付けさせる事が出来ます。
どなりつけたり、厳しい練習を課する必要は一切ありません。
他の子より運動神経が劣っていても、心配する必要はありません。
今回のトレーニング法で、お子さんが楽しみながら成長する姿を一緒に見守って行きましょう!JSC CHIBA 代表、アンダー12監督、JFA公認 C級コーチ25年に渡り、JSC CHIBAにて約1,500人のサッカー少年を指導する。
特に、そのドリブル指導法は全国のクラブチームから注目されており、これまでに数多くのサッカー誌にそのドリブル指導ノウハウが特集される。
お子さんの練習や試合を観た時…あなたも、このように思った事はありませんか?我が子が、グラウンドを走り回り、元気にサッカーをしている姿を見るのは楽しいですよね。
でも、少年サッカーの場合は、体の大きさやキック力、走る速さ等の身体能力が試合の勝敗を大きく分けてしまう特徴があります。
特に、1対1の攻防では、体の大きさがモノを言う所があります。
だからこそ、どれだけお子さんが頑張っていても、悔しい思いをさせてしまう事は避けられません。
体格や生まれ持っての身体能力は、上には上がいるものです。
しかし、ご安心ください。
結論から言いますが、体が小さくても、身体能力が高くなくてもお子さんを今よりも、試合で大活躍させる方法があります。
それは、お子さんをスーパードリブラーに育てる方法です。
ちなみにこの方法は、私が監督を務める「JSC CHIBA」のアンダー12で実際に取り入れられていますが、富山、滋賀、新潟など他県の少年チームでも結果が出ています。
つまり、25年間、1,500人を超えるサッカー少年達への指導の中で開発された今回の「少年向け天才ドリブラー育成法」があれば?あなたのお子さんは、今よりも輝きを増したプレーを見せてくれるようになります。
【JSC CHIBA監督川島和彦氏音声レポートの内容】JSC CHIBA監督川島和彦氏とは。
活動されている内容。
ドリブル教材を作成しようとした経緯。
JSCCHIBAの子供たちの強み他のチームとの練習の違いとは?特に力をいれているポイントは?このDVDをみることで、どのような指導のポイントがわかるか?指導者、親御さんたちへのメッセ‐ジ姓メールアドレスご登録いただいたメールアドレスへ、無料電子書籍をダウンロードいただけるURLを送信いたします。
Yahoo!メールなどでご登録されますと、迷惑メールフォルダへ振り分けられる場合がありますので、ご注意下さい。
また、無料電子書籍の登録をした時点でメールマガジンにも登録されます。
届いたメールマガジンの最下部で簡単に解除できます。
話をさかのぼれば、それは25年前の話になります。
私は今でこそ、JSC CHIBAでジュニアチームの監督をしており、その指導ノウハウが全国的に注目され、雑誌などで取材される事もあります。
しかし、初めて少年達を指導する事になった頃、それはもう、苦労の連続でした。
忘れもしない1988年の夏。
私がコーチを務めていたジュニアチームに問題が起こりました。
指導者達が揉め、前監督と他3人のコーチがチームを辞めてしまったのです。
その頃、私はまだ22歳でした。
チームに残されたのは私を含めた2人のコーチと、希望に満ちた、たくさんのサッカー少年達。
彼らは、例年の選手達に比べて、身体能力が高くありませんでした。
「この子達を見捨てられた気持ちにさせてはいけない!」「きっと強くしてやる!」そう思い、チームの監督を引き継ぐ事を決意しましたが、指導者は私を含めてたったの2人です。

 

 - スポーツと趣味