スポーツと趣味を極める方法

スポーツと趣味を極めるために役立つ優良情報を厳選してご紹介

ヘッダー画像

水泳 クロール入門20日間プログラムの口コミ・効果・評価・評判

   

クロール 水泳 クロール入門 クロール基礎 クロール泳ぎ方 クロール 初心者 自由形 クロール 水泳初心者からはじめるクロールの近道の技術を ・・・元水泳のインストラクターがお教えします。
水泳 クロール入門20日間プログラム水泳の理屈が分かっていなければ、上達のしようがありません。
遠回りするようなレッスンを受けてしまえば ・・・上達段階で大きな壁(クセ)にあたってしまいます。
「推進力」と「浮力」の関係その2つのことに「水の抵抗を理解」すれば上達します。
今まで泳げなかった方やこれから泳ぎたい、クロールを覚えたいという方に理論立てた内容となっています。
「推進力」と「浮力」と「水の抵抗」まずはこの関連性を理解することにより、このレッスン書に書かれている意味や効果が理解できます。
もちろん、内容は初心者の方だけでなくクロールを教えたいという方にも適した内容となっています。
自分自身で泳げるようになりたい方。
自分の子どもに教えたい方。
部活で教えないといけない方。
指導初心者にも適した内容です。
初心者用から抜け出せない多くの方を見てきた答えの集大成です。
初心者から中級者以降へのスムーズな上達の近道プログラムです。
世間一般で言われているS字プルですが ・・・具体的な本当のS字プルも説明しています。
水泳 クロール入門 20日間プログラムの内容きちんと順序に沿って1つ1つ理解と練習することによって上達が格段に上がります。
まず、初心者の方が当たる大きな壁とは息つぎだと思います。
息つぎに関しては、息を吸おう吸おうという強い気持ちのせいで、吐く空気の量と吸う空気の量のバランスが崩れ苦しくなってしまいます。
吸うことよりも吐くことが重要な理由を説明しています。
特に難しいことはありません。
ポイントを押さえれば誰でも簡単に息つぎができるようになります。
息つぎの前のレッスンステップでは、息つぎをスムーズに行うために行うことや注意点も記載しています。
1段階1段階きちんとマスターすることにより、次のステップへとつながっていくのです。
基礎を飛ばしても、クセのある泳ぎになってしまします。
クロールをきちんとマスターし、理論が分かれば、他の泳法もスムーズに取り入れることができるようになります。
「先生 腕の回し方が分からないので教えてください」クロールのストロークが分からないから教えてほしい。
と言われました。
一言に「ストローク」と言ってもストロークのどの部分なのか分からないために、実際に泳いでもらいました。
全ての動作が全然できていませんでした。
キックはヒザが折れ過ぎて、手もしっかり伸ばせていません。
例えるならば、風車のような印象を受けました。
このような方は、まだ、きちんとしたことを教えなければいけません。
この方に合わせた練習が必要です。
何も分からないままに、ただ泳ごうとしている必死さだけは伝わって来ました。
このプログラムでは、習得するべき技術を分かりやすく説明しているために、基礎が固まり、あなたの上達を短期間で効率よく手助けするクロールのプログラムです。
水泳 クロール入門 20日間プログラムの日程 1日目 水泳の理論を知る 2日目 水泳に必要な用品を揃える 3日目 プールを知る 4日目 水に顔を付けることに慣れる 5日目 水に慣れよう 6日目 水中での呼吸法 7日目 身体を沈める原理と実践 8日目 壁キックとストリームライン 9日目 キックを覚えよう10日目 キック & 正面の息つぎ11日目 キック & 横への息つぎ12日目 ストロークとローリング13日目 ストロークとローリング14日目 ストロークとローリング15日目 コンビネーション16日目 コンビネーション17日目 コンビネーション18日目 コンビネーション19日目 コンビネーション20日目 レッスン書の読み込みと休憩水泳の上達に大事なこともご紹介しています。

 

 - スポーツと趣味