スポーツと趣味を極める方法

スポーツと趣味を極めるために役立つ優良情報を厳選してご紹介

ヘッダー画像

ダーツ投げ方,上達,練習法「小熊式」DVD代理店販売サイトの口コミ・効果・評価・評判

      2015/10/05

ダーツ,投げ方,上達,練習法もしあなたが『短期間でダーツを上達させる方法』を探しているならこのホームページは必ずお役に立てると思います何故なら、今までずっとCフライトやBフライトから抜け出せなかった人がちょっとしたコツで「短期間」で「Aフライト」になれるそんな、ダーツ上達方法をお伝えするからです急にそんなことを言われても信じられませんよね?それならば、まずはその「ダーツ上達法」を実践した方の感想をご覧下さい画面をクリックするとムービーが始まります。
音が出ますiPhoneやiPadや携帯電話の方はこちらをクリック。
突然ですが、あなたはこんな悩みはないですか毎日練習しているのに、全然狙った所に入らないキャッチで(まぐれで)トリプルにたまに入るCフライトやBフライトを行ったり来たりしていて、なかなかAに届かない三本のダーツがまとまらず、いつもバラバラ上級者やプロの色々なアドバイスを受けたけど、余計に入らなくなったプロの投げ方を真似してみたけど、余計に入らなくなったDVDを見たり、雑誌や本で上達法を勉強したけど何も変わらなかった未だにフォームを色々変えたりして、もう何が何だかわからなくなっているそんなあなたは、間違った投げ方や練習法で上達に遠回りしてしまっている可能性があります。
誤解を恐れずに言うと、ダーツにおいては世界チャンピオンのアドバイスでさえ、当てになりません。
私は今まで40年間、間違ったアドバイスや知識のおかげでかえって遠回りしている人を、嫌と言うほど見てきました。
しかし、もうご安心下さい。
実はAフライト程度のレベルなら私の本当に正しい上達法があれば、短期間でなれます。
あなたが真剣にダーツを上達させたいと思っているなら少しだけ、この手紙を真剣にお読みください。
この手紙を読むだけでダーツが上達するように書いていますので。
小熊恒久今回のDVDのメインアドバイザー。
言わずと知れた、日本ダーツ界の第一人者であり伝説のプレイヤーと語られる。
ダーツ指導歴は実に40年以上の実績を誇る、大ベテラン数々の世界大会に出場し、10年連続日本代表の偉業を成し遂げ国内での大会でも数々の入賞経験を持つ。
1977年、ダーツの本場イギリスにて、記念すべき第一回ワールドマスターズに日本代表として出場。
1982年、JDA男子ランキング第一位。
これまでの世界大会、日本代表出場歴ワールドマスターズ(イギリス)、タイオープン、香港大会(4〜5回)、フィリピン大会、ラスベガス大会、台湾大会、パシフィックカップ(カナダ)、日本選手権(3回優勝)、東京選手権(3回優勝)、北海道選手権、山形選手権、秋田選手権他、多数の国内の大会にて優勝や入賞を果たしている。
また、猛烈な練習量をこなす努力家としても知られあの世界のトッププレイヤー「ポール・リム」とも古い友人でありタイオープンにおいて7〜8年連続、両者決勝で対戦した戦歴を持つ。
日本ダーツメーカーのトップブランド「トリプレイト」でもバレルなどの開発を手がける。
また、ダーツ入門の書籍でもアドバイスをしている。
右は30年以上前の小熊氏当時はエレクトリックダーツなどは存在せずいわゆるハードダーツが主流。
後ろでスコアラーを務めているのは後輩の渡部紘士(ワンタン)氏。
現役引退後の現在は、各方面にてダーツ指導やソフトダーツ普及事業を展開中。
KAZUMA小熊恒久プロの一番弟子。
小熊プロの下で修行を積み、小熊プロの経験で培われたダーツ上達のエッセンスを全て吸収し、分かりやすく解説・分析をし現在はダーツ教室のトップインストラクターとしてダーツ指導に活かしている。
初心者、上級者問わず、各方面にてダーツ指導に当たっている。
今回、小熊プロと共にダーツDVDの解説を担当する。
&nbspはじめまして、小熊恒久と申します。
気がつけば、私がダーツに関わってから40年以上が経過しました。
これまで数々の世界のトッププレイヤーとも関わり初心者から上級者まで、数え切れない方のダーツ指導をして参りました。
私がこのサイトを立ち上げた理由はダーツ上達に遠回りしているひとがあまりにも多いからそして、私の上達法を実践して最短距離であなたにAフライトになって頂くためです。
「そんな簡単に言うけど・・」ご安心下さい、実はAフライト程度ならさほど難しいことをしなくても、なれます。
「練習しているのに上達しない」「Aフライトまで届いていない」とうことは投げ方や練習法が間違っている可能性が、非常に高いのです。
私の上達法を実践して頂ければ半年〜一年もあればAフライト程度なら届いてしまいます。
もちろん、そう言い切れるのは理由があります。
私はこれまで、40年以上の経験と試行錯誤の末に得られた。
ダーツ上達のコツを、様々なダーツプレイヤーに伝授してきました。

 

 - スポーツと趣味