スポーツと趣味を極める方法

スポーツと趣味を極めるために役立つ優良情報を厳選してご紹介

ヘッダー画像

高音ボイストレーニングの口コミ・効果・評価・評判

   

世界で認められた高音シンガー 伝説のロックバンド『 LOUDNESS 』のボーカル 二井原 実さんも推薦しています!!&nbsp&nbsp海外でも認められているLOUDNESSは80年代中盤に海外進出し、ビルボードTOP100にランクインしている。
さらに日本人アーティストとして初めて、「マディソン・スクエア・ガーデン(MSG)」の出演という快挙も成し遂げ、名実共に日本を代表するロックバンドである。
彼らの活躍は、B’zの稲葉浩志、X JAPAN、SEX MACHINEGUNSなどのハードロック系だけでなく、スピッツ、La’crymaChristi、サイキックラバーなど多くの音楽アーティストに影響を与えている。
&nbsp&nbsp<推薦コメント>JAYE公山(こうやま)さんはプロ歌手も認める一流ボイストレーナーだ。
彼の指導を受けるために、多くのプロ歌手がレッスンを受けている。
高音を出すには、普通のトレーニングでは絶対に無理だ。
そのへんの音楽スクールに通ったとしても綺麗な高音をマスターするのは難しい。
しかし、彼のレッスンを受けてトレーニングを積めば、高音を出すことは簡単だとすぐに分かる。
JAYE公山(こうやま)さんの高音発声理論は、私が心から推薦するトレーニングであり、一度そのレッスンを受ければ、みるみるうちに高音が楽に出せるようになる。
「どうやったら高音を出せるようになるのか?」その答えがこの教材の中にある。
この教材を信じて、自分の思い通りに歌を気持ちよく歌おう!本当は高いキーの曲をカッコ良く歌いたい・・・インターネットや本で調べたけど、結局高い声が出せない高音になるといきなり弱々しくなってしまう高音が続くとのどが痛くなったり息が続かなくて苦しい声がふるえてしまうバック音に負けて自分の歌う声が通らないカラオケにいって、帰る頃にはノドがガラガラはじめまして。
ボイストレーナーのJAYE公山(こうやま)と申します。
私はプロ歌手の方を含め、多くの方のトレーニングを指導してきました。
その過程で、高音が出なくて悩んでいる方が驚くほどたくさんいることに気付き、このプログラムを作ろうと思いました。
実は、実力派で名を馳せている プロ歌手も、自身の声域にコンプレックスを持っていることが多いのです。
私は職業柄、「楽に高音が出せるようになる方法があるのになぁ・・・」と、もどかしい思いにかられることもしばしば。
「でも、若い人しかダメでしょう?」このように思われる方も多いでしょう。
そこで、効果的な指導方法を研究し、教室で実践しながら教え方に工夫を重ねました。
長年通っても上達しない人がいる一方で、短期間ですぐに上達してしまう人がいる。
その違いはなんだろう・・・。
そう考えていたある日のこと、別の教師のレッスン風景を見ていて私はあることに気がつきました。
そうか、高音を出すトレーニングのポイントは、2つに絞られる!こうして高音上達のポイントに気がついてから、 この2つのポイントに気をつけながらレッスンをするようになりました。
するとどうでしょう・・・私は「これだ!」と思い、さらに改善を重ねてレッスンに取り入れました。
その結果、長年レッスンに通っていても高音がなかなか出せなかった人が、みるみる上達し、さらに 芸能界で歌手デビューする人まで現れました。
そして、これまでボイストレーニング界で非常識とされていた『短期間で高音を上達させる トレーニング法』を確立することに成功したのです!「声を頭のほうに響かせてくださいねー」巷の教室でよく聞く表現ですが、同じようにやってみろと言われても、 なかなか難しいですよね・・・それよりは、「上唇の端を少し持ち上げて目を大きく開いてください。
」と、動きを具体的な言葉にして説明されたほうが、 同じ動きをしやすいのではないでしょうか?こんなふうに、ただ単に教室に通えばうまくなるわけではなく、こまかいニュアンスを言葉にして教えてくれる先生を選ばなければ 高音は出せるようにならないのです。
経験がたかだか10年ちょっとしかない10代、20代の若者でも上手い人は沢山いますよね!長年歌をやっている人が必ずしも上手いわけでは決してありません。
歌い方の基礎を知ることにより、他の人と比べて上達のスピードが大きく違ってきます。
なぜ、私の教えている生徒は たった一ヶ月あまりで思い通りの高音を楽に出せるようになるのか?私が普段教えている生徒は、年齢、性別、スタートのレベルに関わらず全員が思い通りの高音を楽に出せるようになっています。
それもひとえに、歌い方の基礎レッスンを徹底したからなのです。
このレッスンは、何もスパルタ方式でやるわけではありませんし、若い人だけがついてこられる厳しいものでもありません。
小学生から、80歳を超える方まで取り組んでいただいています。
その基礎レッスンをする上で重要なことが、この2つのポイントなのです。
あなたは、腹式呼吸という言葉をどこかで耳にしたことはありますか?この腹式呼吸、非常に重要なのですが、多くのアマチュアの方はできていません。
腹式呼吸は、ただお腹をへこませたり、膨らませたりする呼吸ではないのです。

 

 - スポーツと趣味