スポーツと趣味を極める方法

スポーツと趣味を極めるために役立つ優良情報を厳選してご紹介

ヘッダー画像

速効!スライス撲滅プログラム(スライスを直す2ステップの方法)の口コミ・効果・評価・評判

   

※注目:期間限定で割引価格で販売中です。
※注目:もしあなたが望むなら、無料でその方法の全てを知ることができます。
もし、あなたが本気で「スライスを直したい」と悩んでいるなら…3分間だけ集中して、この手紙を読んでください。
実は、世の中にあふれるレッスンではスライスを直すどころか、間違ったスイング変更により問題が複雑になる危険すらあるのです。
この手紙では「あなたのスライスの原因を今すぐに解決し、あなたをスライスの悩みから開放するシンプルな方法」をお話します。
あなたがスライスを直す最短ルートとは? スライスを克服し、飛距離アップを望むあなたへ:この手紙で、私があなたにお伝えすることは、あなたの頑固なスライスを数回の練習で直るシンプルな方法あなたがスライスを直すと同時に飛距離を30ヤード伸ばす方法あなたのスライスを今すぐ直さないと手遅れになる理由手加減なしでスイングしてもボールが曲がらないスイングを身につける方法などになります。
1つでも気になる項目がありましたら、このまま読み進めてください。
まずは、実際にスライスを直された方の声をお聞きください。
スライスを直して、飛距離210ヤード⇒300ヤード越えM.K様(男性)ベストスコア 102⇒78ドライバー飛距離 210ヤード⇒300ヤード越えゴルフを始めたすぐのアマチュア選手の90%はスライスから始まると思います。
私もそのうちの一人でした。
私はヘッドスピードがないほうではなかったのですが、以前はドライバーの飛距離は210ヤードほどでした。
自分自身でも力がボールに伝わっていないということを実感していました。
スイング中のクラブヘッドの軌道を修正し、『方向性を重視したスイング』に変えただけで、ドライバーの平均飛距離が280ヤードになりました。
飛距離を出したいホールで『飛距離を出すスイング』を行うと現在は300ヤードを飛ばすことができるようになりました。
調子の良い時は300ヤードを越えることもあります。
通常レギュラーティーからプレーする時は、飛びすぎると困るホールもあるので、300ヤードの『飛距離を出すスイング』は封印して『方向性を重視するスイング』の280ヤードドライブでプレーしています。
バックティーからプレーする時は、基本的には『方向性を重視するスイング』ですが、ここぞという時に『飛距離を出すスイング』を行い、状況により2つのスイングを使い分けています。
ドライバーの飛距離が210ヤードしか飛ばない時は2打目距離が残ってしまい大変な思いをしましたが、現在は飛距離の悩みは一切ありません。
飛びすぎて困るぐらいです(笑) 飛距離が出すぎて困るようになるなんて吉本理論に出会うまでは想像もできませんでした。
現在はドライバーだけではなく、アイアンの飛距離も伸びてきており、7番アイアンで170ヤードから180ヤードを基準としています。
吉本理論を行うことにより、ダウンスイング時に、アウトサイドからクラブヘッドが降りてこず、確実にインサイドからクラブヘッドを下ろすことができるようになります。
インパクト時にボールを捕まえる感覚が生まれます。
確実にボールをヒットすることができるようになります。
今まで何人かのインストラクターにレッスンを受けましたが、精神論の押し付け、感覚論の押し付けだけで、上達するという気配を感じることができませんでした。
吉本理論はとても理にかなっています。
吉本コーチの吉本理論は、上達していける!という気持ちを実感することができます。
これが一番大きい要素です。
私の場合は1ヶ月で100を切り、9ヶ月で90を切り80台を出すことができました。
現在のベストスコアは78です。
これからは競技に参加していきたいと思っています。
8割はスライスしないでまっすぐ飛ばすことが出来ました年齢62歳 男性 ゴルフ歴23年 ベストスコア93 平均スコア100−110 以前は練習場やコースでも8割がスライスしてました。
昨日の解消法を早速本日実践練習してきました。
結果、8割はスライスしないでまっすぐ飛ばすことが出来ました。
今度の日曜にコースへ出るのが非常に楽しみになりました。
スライス解消法を教えていただきありがとうございます。

 

 - スポーツと趣味